WikiGapとは?

WikiGap(ウィキギャップ)は世界中の人が集まり、様々な分野の女性、何等かの分野で活躍している女性、専門性をもつ女性、生き方のお手本となる女性についての記事コンテンツをウィキペディアに追加するというイベントです。同様のイベントがすでに60か国ほどで開催されており、インターネット上で女性がより多く扱われるような努力がなされています。

WikiGapはスウェーデン外務省により各国のスウェーデン大使館とウィキメディア財団が世界中で有志を集め、女性による女性についての記事を増やそうという取り組みです。

2017年にはニューデリー、プレトリア、ワシントンDCのスウェーデン大使館によって同様の※エディタソン(editathon)が開催されました。以降WikiGapがスウェーデンからベトナム、エジプト、コロンビアなど60か国近くで開催され、30か国語で13,000本の記事の編集がなされました。

力を合わせて女性に関する記事の数を増やし、インターネット上の男女平等を実現しようとしているのです。

エディタソン(英語: edit-a-thon, editathon)とはウィキペディアやオープンストリートマップといったプロジェクトのオンラインコミュニティが開催するイベントで、編集者が特定のトピック、特定のコンテンツを一緒に編集し改善したり、新参者に基本的な編集方法を教えている。エディタソンは「edit」と「marathon(マラソン)」のかばん語である。

WikiGap is an event during which people around the world gather to add more content to Wikipedia about women figures, experts and role models in various fields. Similar events have already been arranged in almost 60 countries worldwide to improve women’s representation on the internet.

WikiGap is an initiative by Swedish embassies and Wikimedia to gather people around the world to increase the representation of articles by and about women on Wikipedia.

In 2017, similar edit-a-thons were arranged by the Swedish embassies in New Delhi, Pretoria and Washington DC. Since then, WikiGap has been arranged in almost 60 countries, from Sweden to Vietnam, Egypt and Colombia, and has so far resulted in more than 13 000 edited articles in 30 different languages.

Together, we are creating more articles about women to bring about a more gender-equal internet.